持つべきものは友人とカントリーマアム

本やアニメ、FF14のことを書きます

生きるぼくら

原田マハさん「生きるぼくら」読み終えました。

本日は、お日柄もよく に続いて原田マハさんの作品です。

 

今回読んだ作品も読み応えがありました。話の展開が面白く、どうなっていくのかと気になりだして、気づけばページをめくる速度が上がっていました。

 

この作品は引きこもりの麻生人生の成長の物語であると同時に、人との繋がりの大事さや現代の若者の就活事情など、考えさせられることが多くあるお話でした。

それと同時にこれはお米のストーリーでもありました。日本人の主食、米。

米作りを通して成長し、人と関わり、自分が何をするべきかを見つけだす。そんな人生くんの1年間に心を打たれました。

 

こういういいお話を読むと、読了後に「自分も何かしなきゃ。何かできないか。」って気持ちになるので困る。

自分に感動を与えてくれる作家さんたちの、少しでも助けになることができればなぁと思います。