持つべきものは友人とカントリーマアム

本やアニメ、FF14のことを書きます

冒険の記録 その7

かくれんぼ in エオルゼア

 前回、エターナルバンドのことについて書かせていただきましたが、今回はお呼ばれ側のお話!

 

LS(リンクシェル)でお世話になっているじゃなさんとエリーさんのエタバンに行ってきたよ!

じゃなさんはひたすら優しく、たまに天然ぽい行動も見せる、優しいお姉さんミコッテ。

その果てしない優しさで、いつかぼくにカントリーマアム小倉トースト味をプレゼントしてくれると信じてます。
f:id:mutsumitan:20170908173133j:image

 

エリーさんはおそらくぼくよりマアム好き。ぼくとありすさんへの挨拶は大体おはまあむ。寝るときはおやまあむ。離席の戻りはただいまあむ。

自由奔放という言葉が似合います。
f:id:mutsumitan:20170908174701j:image

僕たちのエタバン開始直前、会場前ダンスでお出迎えしてくれるエリーさんの図

 やさしい。

 

そんなお二人はエターナルバンドの二次会で、エオルゼアでかくれんぼを企画してくれた。

 

ルールは二人がエオルゼアマップのどこかに隠れたところからゲームスタート。

見事二人を見つけた人には豪華商品プレゼント!というもの。

なるほど。ハリカルナッソスだな?

 

 

エオルゼアって結構広い。

そんな中、二人を見つけるって難易度高いのでは?と思われるが、FF14のフレンド機能には、その人の現在いるエリアまで表示してくれる機能がある。

これを使えば二人を見つけることができる!と思っていたが、いざ始まってみるとエリア内を探すのもなかなか難しいのだ。

 

見つけられそうで見つけられない。

とてもいい難易度だ。さすがベテランプレイヤーのお二人の難易度設定は適切です!

 

ぼくはありすさんと協力し、ゲームに参加。

ぼくが運転で、目ぼしいところをありすさんがナビするという作戦に。

 

がんばって探した甲斐あって、複数回にわたったかくれんぼの内、なんどかは見つけることができました!

ハウジングエリアを探しに行った際は、ヤマを外して、仕方なくじゃなさんエリーさんハウスでダンスを踊っていました。

 

 

お二人ともおめでとう!

最初から最後まで楽しいエターナルバンドでした!

 

 

サーバを越えたお友達

FF14楽しいよ!と伝え、エオルゼアにやって来てくれたお友達のおうるくん。

ものすごいスピードで竜騎士として成長し、今ではエンドコンテンツに引っ張ってくれる頼もしき存在です。

そんなおうるくんと、おうるくんの強運が出会いを呼び寄せた新たなフレンドのぬいさんのお話。

 

それはおうるくんがオーラムヴェイルに行きたいんだと言ったとこから始まる。

この世界にはID(インスタンスダンジョン)と呼ばれる、レベルに応じて解放されるダンジョンがある。

レベル47から50の鬼門としてそびえ立つオーラムヴェイル。

なかなか難しく、ナイトで初めて突入したときは夢にまで登場し、悪夢を見せてきたものだ。

 

おうるくんからの誘いを二つ返事で了承し、さっそくオーラムヴェイルへ突入する。

このときの自分は、ナイトとしてわりと動けるようになっていて、心のどこかで慢心していたんだと思う。

 

おうるくんと黒魔導師の方が初見さん。

ヒーラーさんは絶賛修行中との挨拶があった。

ここで張り切ったぼくは、最初のボスのギミック説明を見事に間違え、幾度となくパーティを全滅に導いてしまう。

 

それでもみんなの心は折れなかった。

(ぼくの心は折れかけ寸前だった)

頑張ろう。まだ行ける。と声を掛け合い、最終のボスまでたどり着いたものの、時間切れでリタイアとなってしまった。

 

自分のミスでタイムアップという結果に終わってしまい、ほんと申し訳ない!

そんな気持ちも薄れそうになってきたある日、おうるくんから連絡が来た。

「あのときの黒魔導師さんとまた会えたよ!」

そう。その黒魔導師さんがぬいさんだ。

またコンテンツに行こうという約束までしたという。

サーバが違うのに、もう一度コンテンツ内で出会うってすごいなとおうるくんに伝えたところ

「ぼくの運命力はとてもすごい」と、ニヤリとした表情で話していた。

その力でぼくの分の宝くじもぜひ当ててほしい。

 

FF14はサーバが複数に別れており、ぬいさんは同一ワールドではあるものの、同じサーバではない。

同一ワールドの場合、クロスワールドパーティという機能を使えば、なんと同じコンテンツに行けるのだ。

これでぬいさんと一緒に遊べる...!

 

失敗が思い出のオーラムだったけど、あのタイムアップの経験がなければもう一度遊ぶことはなかったと思う。

ほんとによかった!

おうるくんの、もう一度出会いを引き寄せた強運にも感謝だ。

 

f:id:mutsumitan:20170908233248p:plain

f:id:mutsumitan:20170908233251p:plain

 

大型アップデートを間近に控えた6月上旬、おうるくんとぬいさんと一緒に極蛮神を倒してまわった。

今度こそ力になりたいと思いつつも、リヴァイアサンに落とされたぼく。

f:id:mutsumitan:20170908233242p:plain

 

 

 

悔しいという思いはあったけど、何よりまたこうやって三人遊びに行けたことが楽しかった!

 

「初めての馬だ~」とナイトメアをゲットしていたぬいさんもまた、強運の持ち主であった。

 また一緒に遊びたい。サーバ間フレンド機能はやくー!!

 

 

蒼天の終わり 紅蓮の始まり

蒼天のイシュガルドがまもなく終わろうとしていた。

そして、新たな物語である紅蓮のリベレーターがもうすぐ始まるという時期。

 

 

ご近所FC(フリーカンパニー)の方とも仲良くなり、アレキ天道零式というところに連れて行ってもらったり。

 

ご近所FC所属のはなさんに、深夜徘徊しているところを目撃されて、お友達が増えたり。※不審者ではない。

f:id:mutsumitan:20170717195546j:plain

 

 半年間ってあっという間だ。

まだまだ楽しいことが増えていくんだろうな。

 

そして始まるアーリーアクセス

 

次回はいよいよ紅蓮編へ突入です!

f:id:mutsumitan:20170909001040p:plain